2009年2月12日木曜日

ヤンソンの島

 僕は昔から島が大好きで。好きで好きでたまらないわけで。ずっと無人島で過ごしてみたいなんて思うときもあるぐらい好きで。ズッコケ三人組でも無人島の話が好きで。でも結局あそこは瀬戸内海の島だったわけで。そんな僕にとって羨ましい生活をしている人がいました。フィンランドの国民的作家、トーベ・ヤンソン女史です。女史は、バルト海の絶海の孤島、クルーヴハル島で一年の半分を過ごし、ムーミントロールに代表される作品群を書き上げたそうです。そのクルーヴハル島に興味をもった僕は、いろいろとネットで調べてみました。

http://webdb.scope.ne.jp/special/hannan_pj/0009.html

 クルーヴハル島は、岩だらけの島で、面積は6000平方メートル。7、8分で回れてしまう狭い島だそうです。6000平方メートルの島という大きさがピンとこなかったので、さらに調べてみました。すると、似たような大きさの島が見つかりました。

http://imagic.qee.jp/sima4/nagasaki/utajima.html

 詩島という小島です。さだまさしさんが名づけたという、風光明媚な場所らしい。こうしてみると、そう狭いわけではないが、半年過ごす場所としてはいかにも心もとない……。その上、写真で見るクルーヴハル島は岩だらけで木とかもほとんど生えてなさそうです。こんな寂しい島で、ただひたすら小説を書いていたんですね。

 とにかく、バルト海に浮かぶ絶海の孤島で過ごす半年というのが僕にはピンとこない。ヤンソン女史は、一人だったわけじゃないらしいです。グラフィックデァイナーのトゥーリッキ・ピエティラというパートナーの女性といっしょだったようですが、それでもなあ。

 でも、寂しいと思うのは、僕が現代日本で暮らしているからそう思うだけであって、本人はそうじゃなかったのかもしれません。さらに調べると、どうやらこのトゥーリッキという女性はヤンソンの恋人であったようです。つまり、ヤンソンはレズビアンだった。この話の真偽はわかりませんが、そう考えるとなるほどな、と思います。ヤンソンがこの島で暮らしたのは、1964年から、1992年までの28年間。最近は同性愛者もちゃんと認められつつありますが、五十年も昔のキリスト教圏の国では、風当たりも相当強かったのではないでしょうか。そう考えると、僕にはこの岩だらけの島が、ヤンソンが人々の好奇の目を逃れ、恋人と心ゆくまで暖かい時を過ごすために逃げ込んだオアシスのように思えるのです。

 ところでクルーヴハル島には桟橋がないそうです。上陸の際には小船で岩に乗り付けるそうですが、波が高くてそれができない場合があった。ヤンソン女史はそういった場合、船から海に飛び込んで、泳いで島に渡ったそうで。そのときヤンソン女史は50を超えていたとの話。すごいな……。冒険作家も真っ青のエピソードじゃないか。

8 件のコメント:

チョコパンダ さんのコメント...

無人島での生活って誰もが子どもの頃に
一度は憧れますよね。
ボクは子どもの頃に『ロビンソン・クルーソー』を読んで自分が無人島で生活する姿を妄想していました(笑)
今でも無人島でのスローライフへの憧れはあります。
だけど今だと電気は欲しい、ネットの環境は絶対必要、定期的に本とかを仕入れ可能であって欲しい等々、現代文明に依存しまくりな自分にはきっと耐えられないでしょうね。
これではハルケギニアにも移住できないや(笑)

すぱっつ さんのコメント...

こんにちはヤマグチさん
僕はすぱっつといいます
名前のとおりスパッツが大好きなごく普通の高校生です。
僕が初めて読んだライトノベルがゼロの使い魔なんですけど、それ以来ゼロ魔がずっと大好きで、どのくらい好きかというと僕の大好きなスパッツに匹敵するほど好きです。ちょっとわかりづらいかもしれませんが、かなり愛しています。ほんとです。

ゼロ魔と出会えて本当によかったと思います。ずっと言いたかったのですが、ヤマグチさんにはとても感謝しています。ありがとうございます。なんの力になれませんがゼロ魔の、ヤマグチさんのファンとしてこれからも陰ながら応援させてください。僕もこれからいろいろとやることもあり、障害も大きいですが、ゼロ魔を読んでがんばっていきたいと思います!

時空省 さんのコメント...

こんにちは。
ぼくは時空省(AHではonsというIDだったです)です。
ズッコケ三人組、懐かしいですね。
確か花火で悪者を退治するんでしたっけ。
松山に行く、とか言ってボートで出発するんですよね。
作者の方は広島の己斐地区をモデルにしてるそうですね。
僕の地元です。
小学校の頃図書館で楽しく読んでました。
ああ、楽しかった頃のことを思い出します。
ヤマグチさんのゼロ使応援してます。
ヤマグチさん、いつもがんばってますね!

匿名 さんのコメント...

今日もお疲れさまです。中川大臣が辞任された昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか?なんかズッコケ三人組の話題がでましたが小学校の時に読んだ記憶がありますよ?!僕個人的にはもーちゃんが好きです。

ちゃの さんのコメント...

はじめまして。いつもゼロ魔を読ませてもらっているchatnoirと申します。
無人島というと私はやはり『2年間の休暇』を思い出しますね。あとは『悲報島殺人事件』などのミステリとかw
私は無人島生活はやってみたいとは思いません。もしネット環境が整っているのなら話は別ですがw
この度2か月連続でゼロ魔を刊行されるそうで、いつもwktk全裸待機な私としては、今冬は風邪をひかずに済みそうでとても×2嬉しいです。
あまり押しつけがましい期待も迷惑かもしれませんが、風邪などひかれませんよう体調に気をつけて、これからも頑張ってください!(=゚ω゚)ノ

Dr.T さんのコメント...

ヤマグチさんはじめまして、こんばんは。

彼のトーベヤンソンさんがそんな生活をされていたとは、まったく知りませんでした。
私はIT社会に生きる人間なので無人島で暮らせませんが^^;

最新刊読みました。
ファンとしては(でなくとも?)続きが気になる展開なのです。テカテカして待ってます。

匿名 さんのコメント...

ヤマグチくん、ひさしぶり!
昔、バイク便でいっしょだった、Tです。

覚えている?

ひさしぶりに昔の仲間で飲み会でもやろうかと思っています。

数日まえに、このブログから G mail を送っているので見てもらえると有難いです。

では、ヨロシク!

mappusu365 さんのコメント...

こんにちは、はじめまして、ヤマグチさん。
私はmappusu365といいます。

16巻、タバサの冒険三巻読みました。
恥ずかしがりのタバサが才人に恋する様子がとてもかわいかったです。
続きがとても楽しみです。

無人島、ですか。セント・マルガリタ修道院も陸の孤島ですから近いものがありますね。
自給自足をしている描写がとてもそれらしいと思いました。一通りの自活能力を持つジョゼットの今後の活躍を想像しているととても楽しみです。オルニエールで畑を耕したりしないかなあ、とか。

がんばってくださいね!